2021年04月25日

女性天皇について学びたい(第三回)

前回は「大化」という年号を立て我が国初めて年号が成立した瞬間のお話でした。

この年号という制度はもともと当時先進国だった中国文化で、中国は前漢の武帝時代より始まるとされている。この時代中国の周辺国は中国に朝貢していたこともあり中国の年号を用いたが日本だけは独自の年号を用いることを原則としたことを特筆しておく。

これは日本民族の独立的気概を表していて、「大化」という年号の意味は「国民全般に世の中が大きく変わるだろう」という指示を与えるものだった。

ちなみにこの辺り大事だから女性天皇に関係ないけど書いておきます。

大化元(645)年7月、高句麗の使いが来たのに対し「明神御宇日本天皇(あらみかみあめのしたしらすやまとのすめらみこと)」という名前で詔を伝えた。初めて内外において「天皇」と使われた記録である。後の大宝元(701)年で外国に対してこの称号が使われると規定された。

さらに「日本(やまと)」という国号が使われたのもここが始めて。それまでは中国人は「倭(わ)」と言い国民は「やまと」と言っていたが、倭という文字が侮辱したものであることを日本人は知っていて聖徳太子が「日出処(ひいづるところ)」と称したものを言い換えたものが日のもと「日本」である。

この時代に我が国の国家的自覚は大きく湧き始めた。唐(中国)に劣らない立派な国にしたいと希望に満ち溢れている。


話を皇位継承に戻す。
孝徳天皇の次の皇位継承は歴史認定が分かれるところで、譲位か崩御により皇位継承がされるか分かれる。
改新により次々と改革が進められる中、孝徳天皇と中大兄皇子との間に溝が生じ、政権が分裂し始めた。

中大兄皇子が遷都の希望を天皇に出したところ認められなかった。すると中大兄皇子は先代皇極天皇を奉じて勝手に大和へ移り、孝徳天皇は退位したと言った記録になっている。孝徳天皇の皇后までも中大兄皇子と共に大和へ移ったというから本当に退位したのかもしれないが確定はされていない。退位したとすると皇極天皇に続き2例目の譲位となる。

退位してないとしても崩御すると践祚は行われるわけで、次は皇太子である中大兄皇子が即位するのは当然であったがこのとき中大兄皇子は即位しなかった。

理由は現在もまだ明らかになっていないが、改新が終わっておらず、中大兄皇子はまだ政治の実務を中心で行いたかったのか、また外交関係で不穏な空気が予測されていたためか考えられている。

そして実際は、皇極天皇の再祚となった。日本の再祚の初例である。女性天皇である皇極天皇は譲位をしたことによって後に再び即位できる重祚の道も開いた。このことはそれまで後継者を群臣たちの合議によってきめられていた地位を天皇が自ら退位することで後継者を選べるという天皇の自立性も確立したと言える。

女性天皇について学びたい(第三回)


第35代皇極天皇は即位して
第37代斉明(さいめい)天皇となった。
父親 茅淳王(ちぬおう)
母親 吉備姫王(きびひめおう)

もちろん皇極天皇と同じなので男系女子。

この時代いよいよ外交が騒がしくなってきた。
新羅が大きくなり唐と連合して百済が滅ぼされた。新羅連合軍が日本に侵攻してくるのを想定し、九州に防人(さきもり)を置いて、女性でありまた高齢であったのにも関わらず661年に斉明天皇は自ら博多へ参じ備えた。

しかしその数か月後には崩御されてしまった。

崩御された後、今度こそ皇太子である中大兄皇子だと思われたが、またしても即位しなかった。
新羅連合軍の日本侵攻に対する対策を天皇空席のまま君主として政令を発し続けた。

百済滅亡後新羅連合軍は高句麗を攻めた。その次は日本に来ると思い、日本は高句麗と結び援軍を送るが日本軍もまた敗退してしまう。
これが白村江の戦いである。私の先祖もこの戦いには参戦し捕虜となった後命からがら抜け出し帰国した経緯がある。

新羅連合軍はこの高句麗での戦いで疲弊し、その後日本を攻めることはなかった。

中大兄皇子は667年に再び国内整備のため南滋賀へ遷都。668年やっと7年の空席後即位式を挙げ天智天皇となった。

第38代天智(てんぢ)天皇
父親 舒明天皇
母親 皇極天皇

中大兄皇子は何度も出てきているのでもうわかっていると思いますが、紛うことなき男系男子。

という所で今回はおしまい。日本の大事なところだいぶ出てきましたね。
次回の女性天皇は第41代持統天皇となります。







同じカテゴリー(女性天皇)の記事画像
女性天皇について学びたい(第八回)最終回
女性天皇について学びたい(第七回)
女性天皇について学びたい(第六回)
女性天皇について学びたい(第五回)
女性天皇について学びたい(第四回)
女性天皇について学びたい(第二回)
同じカテゴリー(女性天皇)の記事
 女性天皇について学びたい(第八回)最終回 (2021-05-03 14:30)
 女性天皇について学びたい(第七回) (2021-05-02 08:20)
 女性天皇について学びたい(第六回) (2021-05-01 10:40)
 女性天皇について学びたい(第五回) (2021-04-29 06:59)
 女性天皇について学びたい(第四回) (2021-04-26 18:47)
 女性天皇について学びたい(第二回) (2021-04-24 20:10)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。



HPはこちら↓

LINEスタンプ

またはクリエイターズスタンプのとこで『牛深』でも『ハイヤコ』でも検索出来ます!