2020年07月30日

明治を学ぶ10

今回は征韓論からです。

明治元年(1868)対馬藩を通じて新政府樹立の親書『日韓尋交ノ為対馬守ヨリ朝鮮国礼曹ニ贈ルノ書』を李氏朝鮮へ送ったが受け取りを拒否された事に端を発する。

拒否された理由。
・朝鮮が与えた印ではなく新政府の印を使用していた。
・宗主国(清)のみ使える「皇」(皇帝の事)の文字を使用していた。

簡単に言えば朝鮮は日本より格が上だから対等に話かけるなって事だろう。
明治元年12月には木戸孝允が「使節を朝鮮に派遣して無礼を譴責し、相手が不服ならばその罪を問う」という征韓論の原型となる記述を日記に残している。木戸は征韓を行えば国内が一致団結し、古くて現代にそぐわない慣習が洗い流されるだろうと考えていた。

明治3年日本は代わる代わる外務大臣を朝鮮に派遣して国交を結ぼうとしたが朝鮮は頑としてこれに応じることはなかった。

明治4年日本は清と日清修好条規を結ぶ。建国以来初の対等条約だった。
明治を学ぶ10
対朝国交問題が暗礁に乗り上げていることから、むしろ、それを逆に利用して朝鮮の宗主国である清と対等の条約を取り結べば、朝鮮も日本との開国に前向きになり、あるいは日本が朝鮮の「上国」の地位が確立できるという思惑があった。
でもなぜ大国である清が画像表題並列表記でわかるように対等の条約を結んでくれたのかと言うと、清国内は西洋から入ってきたキリスト教信仰者からの反乱(太平天国の乱)が起こり西洋に不安要素があった。日本はその西洋列強の圧力に対し日清両国が協力して抵抗すべきであると何度も説得した結果だった。

しかしこれでも朝鮮は日本を受け入れることはしなかった。

明治5年日本は釜山(朝鮮)に公館を設置。(最近PS4のゲームで話題の対馬が江戸時代朝鮮と交易があったのでその対馬藩の事務所があった場所を日本の事務所に代えた。)

明治6年4月、5月釜山で官憲の先導によるボイコットが行なわれ6月には日本公館への物資搬入を妨害。門前に無法の国と掲示した。また朝鮮大院君は「日本夷狄に化す、禽獣と何ぞ別たん、我が国人にして日本人に交わるものは死刑に処せん。」という布告を出した。当時外交官はこの乱暴な布告をみてすぐさま日本に帰国し、事の次第を政府に報告した。

朝鮮内で排日の風がますます強まり、新政府内において征韓論が沸騰した。
閣議で取り上げられ強行派の板垣退助は留民保護のためにすぐ軍を送るべきと主張したが、西郷は全権大使を派遣して交渉すべきと主張。士族の不満解消の背景があり特使を送り挑発して開戦の口実を作りたかった。

5月29日大久保利通帰国。
ここで岩倉使節団の帰国要請のところと繋がります。
7月23日木戸孝允帰国。

8月17日閣議において西郷遣使が内決されたが、岩倉帰国後に再討議されることとなった。

9月13日岩倉具視帰国。
1年9か月訪問国12か国に及ぶ岩倉使節団終了。

10月14日朝鮮問題に関する閣議が開催され、西郷は遣使即行を主張し、西郷の使節派遣は西郷自身も失敗(自身が殺害されることも)を予想した上で開戦を期した主張であり、交渉不成功の場合は政府は面子上開戦を覚悟しなければならないものだった。さらに朝鮮の先に清との開戦もありえため、岩倉・木戸・大久保は内治優先論の立場からこれに反対し、三条や参議大木らもその意見に同調するようになった。この日は決定には至らず。

10月15日に再度閣議が開催され、参議各々に意見を陳述させ、三条・岩倉の間で協議が行われた。西郷の圧力とそれに伴う軍の暴発を恐れた三条は、太政大臣としての自らの権限で西郷の即時派遣を決定した。

10月17日反発した岩倉・大久保・木戸が辞表を提出。

10月18日収拾に窮した三条は病に倒れ太政大臣辞意を表明。

10月19日岩倉が太政大臣代理となる。

10月23日即時派遣か、岩倉自身の考えである遣使延期かという2つの意見を上奏(天皇に意見を申し述べる)した。このとき西郷たちは立ち会えず意見を述べることができなかった。

10月24日明治天皇は遣使延期を決定。大久保・木戸の辞表は却下。政変に破れた西郷や板垣らの征韓派は一斉に下野し大久保中心の政権になった(西郷派の士官で辞職したものは100名、土佐藩出身の士官40名が辞職して帰郷している)。

同郷で維新に力を合わせてきた同士だった西郷と大久保はこれで大きく決裂した。
ここまでが『明治6年の政変』である。

西郷とともに下野した板垣退助らはこの後、反政府活動を行うようになります。自由民権運動とか特に学校で習うから聞いたことない人いないでしょう。その辺りに入っていきます。それではまた次回。


同じカテゴリー(明治~)の記事画像
明治を学ぶ33
明治を学ぶ32
明治を学ぶ31
明治を学ぶ30
明治を学ぶ28
明治を学ぶ27
同じカテゴリー(明治~)の記事
 明治を学ぶ33 (2020-10-25 20:08)
 明治を学ぶ32 (2020-10-23 03:55)
 明治を学ぶ31 (2020-10-22 12:16)
 明治を学ぶ30 (2020-10-20 19:11)
 明治を学ぶ29 (2020-10-17 17:44)
 明治を学ぶ28 (2020-10-13 07:42)

この記事へのコメント
大河ドラマで、西郷が征韓論に強い意欲を持った
いきさつが描けてなかったので、大変参考になりました!
まとめるの大変でしょうが、次回も楽しみにお待ちしてます!

(ホントは自分で調べるのがいいのでしょうが・・・('◇')ゞ)
Posted by 原田鈑金塗装原田鈑金塗装 at 2020年08月01日 16:04
》原鈑さん
なかなか大河の放送協会は韓国に対して慎重・・・?でして征韓論とかは取り扱いにくいんだと思います。まぁ学校教育も同じようなものですけどね。でも大事なところだと思うし、しっかり歴史は見ないといけないので。
Posted by hirok○hirok○ at 2020年08月04日 20:22
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。



HPはこちら↓

LINEスタンプ

またはクリエイターズスタンプのとこで『牛深』でも『ハイヤコ』でも検索出来ます!