2020年06月19日

明治を学ぶ5

前回は通信網の整備で終わっていましたね。

通信と言えば郵便ですね。

明治4年3月1日
駅逓権正(えきていごんのかみ)今風に言って交通通信担当大臣・前島密(まえじまひそか)が全国に郵便局を作って郵便ポストを設置。

当時のポストは黒くて便と言う文字が描いてあるからトイレと勘違いした人が多かったそう、笑。夜見えづらい等の問題により現在の赤になったとか。

明治4年4月4日
近代的な国を目指すため国家の財政基盤強化の目的で全国統一の戸籍法制定。
徴兵・納税・教育に必要だった。

版籍奉還は行ったが、この時代まだ藩は殿様が支配していた。中央集権を目指すためこれを解体する必要があった。
明治4年7月14日廃藩置県を行う。

明治4年11月 藩は合併整理され1使3府72県になった。
1使とは北海道開拓使で3府は東京府・大阪府・京都府。

明治4年8月9日断髪令(散髪脱刀令)。
当時まだちょんまげは現役で海外からすると異質だった。平民についてはもとより刀はもてなかったので刀については華族や士族に対しての法令である。
しかし慣れ親しんだ生活はなかなか変えられない人が多く2年たっても髷文化はなかなかなくならず、明治6年3月に明治天皇が散髪したことで一気に散髪は広がったそうだ。

ふえー。もう5回もかいてるのにまだ4年しか経ってない・・・明治内容濃すぎる。きょうはここまで。  

Posted by hirok○ at 19:44Comments(0)明治~

2020年06月06日

明治を学ぶ4

戊辰戦争終結により300年続いた徳川幕府が完全に消滅。
よく教科書なんかでも見かけるので徳川慶喜の写真上げておこうかな。大正2年(1913)まで存命だったので現在106歳以上の人は会ったりしたことあるかも?って思うと江戸はそんな昔じゃない感覚になる、笑。


江戸幕府時代日本はそれぞれ藩として大名(殿様)がおり、小さな国の集合体であった。
新政府はそれらをまとめての統治を目指しました。

新政府はまず自分達から藩を解体して、他の藩に見本を示す目的で
大久保利通(薩摩藩)・木戸孝允(長州藩)・板垣退助(土佐藩)・大隈重信(肥前藩)が考案したもの、それが
明治2年6月17日 版籍奉還です。

『版』とは「土地」のこと、『籍』とは「人民」の事。上記4人『薩長土肥(さっちょうどひ)』が先頭に立ち、皆で藩の『土地』と『人民』を朝廷にお返ししますので他の藩もやりましょうという内容。

これにより274藩が奉還。藩主(大名)は新政府の役職『知藩事』に任命される。ちな給料は藩の収入の1割だったそう。え?それでもけっこう貰うんですねー。
こっから現代の知事って名前になってるんだね。


この頃近隣諸国との領土問題が起こってくる。
国の概念を考え始めるとまず第一に領土がないと国にならない事に気が付く。なので海外諸国が競って日本領土を奪いに来ている。

海外諸国も自国の領土を増やす事が国益に繋がるという考えは一緒で、新政府はまず今でいう北海道、当時は蝦夷地をロシアに取られる前に日本に確定させようとする。

明治2年(1872)7月8日 蝦夷地(えぞち)開拓使を設置。これには幕府解体後無職となった武士を士族と改め働かせ、農地開拓や天然資源獲得を目指した。
翌月8月15日 太政官布告によって蝦夷地に北海道の名前を替え、北蝦夷地は樺太と改名した。

当時の蝦夷地にはアイヌ民族が約2万人住んでいたそうですが、彼らを日本人へ組み込んだ。

1855年、幕府がロシアと結んだ条約日露和親条約では北方四島(択捉島)より下は日本、ウルップ島より上はロシア。北蝦夷地(樺太)は両国入り乱れた雑居地でよいということになっていた。
北方領土に関してはいつか書くと思いますので、今回は書きませんが一言だけ私は千島列島まですべて日本領土と考えています。理由はそのときに。

欧米列強と肩を並べるため、情報伝達手段の強化を図る。
明治2年12月25日 それまで飛脚が現役だったのですが東京-横浜間で電信が開通する。欧米は江戸時代にすでに繋がっていた。技術はイギリスから技術者を呼び3か月で整備した。


明治4年長崎-上海、長崎-ウラジオストク開通。これ電線海底ケーブル繋いだらしいよ。この時代にすげぇなまじ。
明治6年東京-長崎間が開通。これで世界と繋がったと思ったそうだ。

明治4年(1871)~6年 岩倉具視・大久保利通・伊藤博文・木戸孝允・山口尚芳が世界一周をして世界の最先端を学んでくる。『岩倉使節団

文明開化が起こって国内へ急速に海外文化が入りだし生活が洋風化し始めた。新政府は外国からの国民支配を恐れたのでしょう、国民の心を一つにする政策を行う。

明治3年1月3日 大教宣布の詔を発する。
内容
神道を国教と定める。国学者による全国への強化活動(天皇を中心とした国家)。

土地、人民、精神をまとめることにより新政府の中央集権化の動きの始まりだった。

ほんと激動の時代ですね。今日はここまで。

  

Posted by hirok○ at 20:07Comments(0)明治~