2020年05月31日

明治を学ぶ3

明治元年(1868)9月20日 明治天皇京都から江戸へ発つ、東京行幸(ぎょうこう)から続きます。

10月13日明治天皇東京へ入る。

1000年続いた京都からなぜ東京へ移したのか、これを考えたのが大久保利通。
出来立ての新政府が国民へのアピールの為に行ったデモンストレーションだと言われている。

ん?これは現代ではアウトかもしれないなぁ。天皇の政治利用だよね。

日本の中心が京都ではなくなる事に対して京都の公家や市民からはもちろん反発がある。伊勢神宮も書簡にて抗議した。

京都の人々への配慮で12月22日明治天皇一旦京都へ戻る(還幸)。

3月28日 改めて東京へ入る(行幸)。

これ以後天皇は現代まで東京にいらっしゃるが、
有名な話、京都の方々は現代でも天皇は東京に貸している(京都から外出している)と思っている人が多いそうだ。

天皇が住んでいる場所が都だと定義されていると僕は思っていた。だから日本の首都は?と聞かれたら誰もが東京だと言うでしょう。大阪都構想の時にも天皇は大阪にいないから都という呼び名はおかしいと思った。

しかし、現在法律上東京は首都と定義されていないらしい!これは驚きだ。

これには平成30年2月13日の国会答弁にて安倍総理が質問され答えている。
『首都を東京であると直接規定した法令はないが、東京都が日本の首都であることは、広く社会一般に受け入れられているものと考えている』

じゃあ国旗国歌法みたいにはっきり規定したほうがいいと思いになるかもしれない。でも決めないのは、やはり京都への配慮なのだと思う。こういうとこも日本的で美しいと僕は思った。


この間まだ新政府軍と旧幕府軍の争い、戊辰戦争は続いております。

旧幕府海軍副総裁、榎本武揚が軍艦8隻と旧幕臣など約2000人で函館五稜郭を占拠、独立国家を宣言。
しかし幕府軍の士気は高まらず新政府軍の攻撃に耐えられず敗北。



明治2年5月18日 戊辰戦争は榎本武揚の降伏により終結。榎本武揚は2年半投獄。一緒に戦った土方歳三は戦死、新選組もここで終わった。

こうやって見てもやっぱり明治維新は軍事クーデターであり革命だよね。なんで明治革命って言わないんやろなぁ。新政府も後ろめたい気持ちがあったのかもなぁ。

明治2年6月29日 明治天皇が戊辰戦争の戦死者を慰霊するために創建したものが東京招魂社。
明治12年 靖国神社へ改名。

戊辰戦争の戦死者を慰霊とは書いたが新政府軍へ反抗したものは祀られていない。よって旧幕府軍、会津藩士、新選組、後に西南戦争で戦死する西郷隆盛などの魂は祀られていない。

この点、僕は彼らも近代化日本の為に命を失った先人として一緒に祀っていただきたいと考えるが、新政府軍の末裔方々感情からしたら難しいかなとも思う。

今日はここまで。  

Posted by hirok○ at 19:29Comments(0)明治~

2020年05月24日

明治を学ぶ2

前回明治維新の始まった慶応3年12月9日より続きます。

大政奉還で慶喜は徳川家生き残りの戦術で、討幕派の目をそらす口だけの思惑だったと書いたように、まだこの時点では政権を諦めてはいなかった。


12月9日小御所会議(新政府軍初御前会議)で徳川家完全排除の決議。
12月12日小御所会議の結論を知った慶喜は二条城から大阪城へ入る。
新政府軍と戦う戦略を練るためだと思われる。

12月16日 慶喜が欧米6か国の公使を大阪城へ招き謁見。(未だ国の代表を名乗る、諦めていない証拠)

12月21日 徳川家が官位はく奪されたことにより事実上骨抜きになったので討幕の実行延期の書が出る。(討幕の密勅の取り消し)
12月25日 しかし西郷隆盛は江戸で撹乱工作を行わせ、その術中に嵌ってしまった幕府軍(江戸警備庄内藩)が薩摩藩邸を襲撃。幕府と薩摩が交戦状態に入った。
このことは大阪の幕府軍を激昂させた。自軍を抑えきれなくなった慶喜は薩摩藩掃討を掲げ軍勢を京都へ向かわせる。

慶応4年(1868)1月2日 幕府軍艦が兵庫沖に停泊していた薩摩藩の軍艦を砲撃、事実上の戦争が開始。
1月3日 慶喜は大坂の各国公使に対し、薩摩藩と交戦に至った旨を通告(名目上の戦争開始)。薩摩藩・長州藩によって構成された新政府軍と旧幕府軍は正式に戦闘状態となり、ここからが世にいう鳥羽・伏見の戦いが始まったという事になる。
(各戦争については流れのみ記録。詳しく知りたい方はそれぞれでお願いします。)

1月6日 兵力ではまだ上回っていた幕府軍でしたが各地で敗北撤退が続き、慶喜は自軍を捨て大阪城から江戸へ退却。

天草に関してはこの1月中旬に幕府の天領だったものが薩摩・肥後藩によって接収されている。

1月15日 慶喜は幕府主戦派の中心人物を罷免。
2月12日 慶喜江戸城を出て上野寛永寺に謹慎、反抗する意思がないことを示した(敗北宣言)。

3月6日 新政府は軍議で3月15日に江戸城総攻撃することを決議。
しかし条約諸国は戦乱が貿易に悪影響となることを恐れ、新政府に江戸城攻撃の中止を求めた。

3月13日 幕府軍の代表として勝海舟が新政府軍西郷隆盛と会談。
要求事項を伝え、諸外国との良好な関係が必要でもあったので江戸総攻撃中止の命令を出す。

4月11日 江戸城無血開城。慶喜は水戸へ謹慎出発。

4月21日 有栖川宮熾仁親王(たるひとしんのう)が江戸城に入城して江戸城は新政府の支配となった。


ここで争いは終わるのかと思いきや、そうはいかず。
納得のいかない幕府軍残党はより一層激化。
5月~7月 長岡城の戦い
5月15日 上野戦争
8月~9月 会津の戦い (戦いのピーク)
明治2年5月まで 五稜郭の戦い

鳥羽伏見の戦いから最後の五稜郭の戦いまでを戊辰戦争と言います。
(そしてこの戊辰戦争から大東亜戦争の間亡くなられた方々の御霊が祀られてるのが靖国神社です。祖国を守るという公務に起因して亡くなられた方々を祀るということです。ちなみに私が靖国参拝してきた時のブログ↓(ページ下)
昭和天皇に日本の心を見た-その2


7月17日 江戸ヲ称シテ東京ト為スノ詔書

江戸を「東京」へ改称した。
東の京としたのは、京都に配慮しいわゆる「遷都(せんと・都を移す)」ではなく「奠都(てんと・都を定める、複数可)」としたかった為。


8月27日 明治天皇即位の大礼
9月8日 一世一元の詔 

簡単な訳
祖宗の御遺訓を受けて天皇になり、御歴代の大命によって年号を改める。まことにそれは良く治まれる御代の決まり事であり、永久に変らない標準である。私は、徳の薄い者であるが、幸せなことに祖宗の御霊のお蔭をもつて、謹んで皇位をつぎ、自らすべての政を行ふに当り、年号を改めて、国内の万民とともに、何事も一新してはじめようと思う。そこで、慶応四年を改めて、明治元年とする。これから旧制度を変えて、一世一元とし、それを永久の例と定める。当局の者は、これを行う様に計らへ。

(これが元になって明治22年(1889年)の「旧皇室典範」で君主一人につき一元号が制定された。)


9月20日 明治天皇京都から江戸へ発つ、東京行幸(東幸)。
230年間天皇が京都から出たことが無かった。行列の総数は3300人。海外新聞では絵付きで紹介される世界的大ニュースとなった。



という事で今回はここまで。お疲れ様でした。




  

Posted by hirok○ at 08:28Comments(2)明治~

2020年05月16日

明治を学ぶ



私の家系の近世文書(手紙や通達など)が昭和初期に活字でまとめられていたので、東京の古書店から取り寄せた。

まぁ私の家系の話は別の機会として、最近また歴史を学ぶ欲が湧いてきている。明治の日本を一から学びたいなと思うようになった。

この明治時代が現代の日本の基盤を作り、その知識と教訓を得ることも自分が何者であるかに通じるはずなのにこの歳まで素通りしてきたなと反省。私の個人ノートとしてここで記録していこうと思います。はじまり。


*.♪★*・゜.♪★*・*♪*.♪★*・゜*.♪★*・゜・*♪*.♪★*.♪★*・゜*.♪★*・゜・*♪*.

明治時代って言うとなんか大昔の様に感じますが、明治元年は西暦1868年なのでたったの153年前なんですよね。

まず大政奉還から。

慶応3年(1867)10月14日
徳川慶喜が政権を天皇に返上すると朝廷へ申し入れた。
この絵がよく大政奉還のときに教科書に出ていたのでみなさんもご覧になったことがあるはず。上座に座っているのは明治天皇なのかな?って思っていました。これは違うそうです。

上座に座っているのは徳川慶喜で場所は江戸城ではなく京都の二条城で、
日付は大政奉還の前日10月13日。慶喜が大政奉還の意思を諸藩重臣に伝えている場面だそう。

翌14日に京都御所にいる天皇に大政奉還を伝えた。

大政奉還建白書写し(慶喜が調停へ出した書)

現代語訳(部分省略)

200余年子孫が将軍職を受け継いでいますが、今日の時勢になりましたのも結局は私の不徳のいたす所で
恥じ恐れ入る次第です。

そこで従来の古い慣習を改め政権を朝廷にお返しし、広く天下の議論を尽くしたうえで天皇のご決断を仰ぎ

心を一つに協力して共に皇国を守っていけば必ず海外諸国と肩を並べることができるでしょう。

10月14日     慶喜


慶喜が言う今日の時勢というのは、天皇に許しを得ず勝手に諸外国と日本不利な条約を結び、薩長をはじめとする討幕の混乱のこと。

この書では慶喜がへりくだって全てを天皇に譲りますと言っているように思えますが、現代の歴史研究によると、このときも朝廷には政治を司る組織も官僚もいないので実際は政治は自分のところへ戻ってくると考えていたとのこと。大政奉還は徳川家生き残りの戦術で、討幕派の目をそらす口だけの思惑だった。


ちょっとここで天皇について疑問に思う方の為に念を押して書いておこう。現在の日本国憲法に天皇は象徴と書いてあるから戦後象徴になったと思っている人がいると思いますが、少なくとも近代日本は戦前ももちろん一貫して天皇は象徴として存在しております。ここ重要。


討幕派は幕府が無くなったものだから、戦う名目が無くなりました。ですが、このままではやがて徳川体制の復活してしまうと危機感を持っていたのが牛深へよく来ていた薩摩藩大久保利通、西郷隆盛でした。


彼らは10月13日慶喜が重臣に大政奉還の意思を伝えた日すぐ動きます。
公家だった(元朝廷)岩倉具視に接触し討幕の密勅(討幕派に朝廷から出された秘密の命令)を取り付ける。

とても簡単に訳すと、慶喜は善良な人を殺し、朝廷の言う事を聞かず悪い奴だから滅ぼし、人民を安心させよ。天皇より。

また重要なので書くと、天皇がそんな事言うの?って思いますよね。このとき天皇は14歳しかも前天皇(孝明天皇)が崩御されて数か月後でなにも経験無いのにこんな国の大事なこと言えるかな?天皇が言ったか言っていないかはわからないが、この書が存在したことは事実ですので討幕派の勢いを強めるには十分だったと想像します。

11月23日薩摩藩3000挙兵して京都へ。
ときを同じく慶喜は新体制を学者西周(にしあまね)に指示し「別紙 議題草案」を作らせます。
主な内容
天皇は象徴
大君制(大統領制のような)
2院制議会
三権分立
首都は大阪

これを通せば徳川は生き残れると考えたのでしょう。

12月8日 岩倉具視が朝廷へ復職。
12月9日 討幕派が京都御所の門を封鎖占拠。(慶喜が入ってこれないように)
そして天皇の前で新政府樹立を宣言。

これが『王政復古の大号令』
内容
慶喜の将軍職辞職を勅許(ちょっきょ・天皇の許し)
摂政関白の廃止
江戸幕府の廃止
天皇と共に新政府が政治を行う

ここが明治維新の始まりだった。つづく。


この江戸幕府が作った御番所関係史跡が牛深にはあるんだもんな。
ほんと凄いなぁ(-。-)y-゜゜゜
ぴょんぴょんウォーキングで説明も受けながら歴史探索できるよ!







  

Posted by hirok○ at 05:57Comments(2)明治~