2015年10月25日

イラレが選ぶ幕末ドラマ10選

尊王攘夷(じょうい)を唱えた幕末の志士・武市半平太(錦戸亮)は、投獄された後、主君への不敬罪で切腹を命じられた次の瞬間、彼は自分がどこかの道に寝ていることに気付き、驚く。

そこは現代の田舎の村道だった。タイムリープしたと気付いていない半平太は、見るもの全てが珍しく戸惑うばかり。やがて彼は不審者として通報され、役場の職員・晴香(比嘉愛未)がやって来てのドタバタ創作劇。

先日始まったばかりのドラマ『サムライ先生』です。幕末のお話はほんとに面白いですね。この第一話の中でほんと簡単に日本が開国に至った経緯や攘夷や勤王の説明が行われていました。全く幕末を知らない人に向けての説明だったので、ざっくりでしたがまぁこういうドラマから歴史に興味を持ってもいいかもしれません。面白かったです。


*.♪★*・゜.♪★*・*♪*.♪★*・゜*.♪★*・゜・*♪*.♪★*.♪★*・゜*.♪★*・゜・*♪*.

こんにちは!
はじめましての人ははじめまして!

なんといってもNHK朝ドラ『あさが来た』ご覧になってらっしゃるでしょうか?



ほんと幕末はドラマになる。

主役の「あさ」こと広岡浅子。晩年に日本女子大学を設立された方。

幕末、明治の武士社会からの名残りで男性上位の世界で「女性でも負けない」と女性にも学問をと孤軍奮闘するお話。

現在の安倍内閣が提唱する「女性が輝く社会」に通じる内容。

この浅子がどうしてそのように考えるに至ったのかに大きく寄与する人物が第一週第3話から出てくる。

嫁ぎ先への挨拶の為、大坂へ出かけていたあさ。そこで一人のお侍とぶつかってしまいます。
異国の挨拶言葉を使うそのお侍さんとの出会い。あさはこのとき後に自分に大きな影響を与える人だとは気づいていなかった。

それから数年経ち再開したとき、そのお侍さんはあさに「世の中はこれから大きく変わる」と告げる。日本の開国明治維新が先に見えていた。

このお侍こそが、後にあさの商いの師匠となる五代才助なのでした。

はいここ!試験に出ますよ!(何の?w)

このブログを読んでらっしゃる方はもう気付いてるはず。

前回、前々回に書いております。幕末に牛深へ来ていた勤王の志士の中に五代才助の名あったでしょ?

現在の放送中の朝ドラも牛深を想像して見ていただけると感慨深いと思います。

前半のドラマ『サムライ先生』の事に関係させる為、少しだけ書きます。

主人公、武市半平太(たけち はんぺいた)とは吉田松陰に共鳴し土佐勤王党を結成した人物でその加盟者には坂本龍馬はじめ中岡慎太郎、岡田以蔵ら尊皇攘夷派192人がいた。

幕末に牛深へ来ていた勤王の志士の中に岡田以蔵(るろうに剣心のモデル)の暗殺仲間の土佐藩士もいる。

勝海舟、坂本龍馬が牛深へ来たことがあるのかについては調査中で関係文献はいまのところはまだ見付かっておりません。
近くを通っているのは確かなのですが、その頃の大港牛深に寄らない事の方が不自然ではあるのでなんとか文献が見つかることを待望しています。

では、中岡慎太郎はどうだろうか。

調べたことがなかったので軽く調べて見ました。

まさに薩長同盟を模索しているそのときのこと。
元治元(1864)年12月、中岡は下関で西郷吉之助(隆盛)と会っている。
それまでは薩摩に敵意を抱いていたが、西郷の人徳に触れ方向転換し薩長の和解を模索する。

中岡が初めて薩摩へ訪れたのが、慶応元(1965)年閏5月6日。(ちなみに坂本龍馬はその一ヶ月前に薩摩に入っている)。
この辺り中岡自身の手記では詳しく書かれていない。特に薩摩でのことが欠損しているそうだ。

もちろん命を狙われている人たちなので文字で残すのは簡単にはいかないことは想像できるし幕府軍への偽装も考えられなくもない。

少しだけ書かれている部分。
【四日 朝六半呼子出船、七ッ比長崎著港。

五日 晴、午時長崎を発し薄暮長島洋を通る。

六日 小雨、海門嶽下を乗り、午時鹿見島に至る。】

ここに出てくる長島はもちろん牛深のお隣の長島だろう。やはり素通りなのか?牛深に寄港していないのか?
そして薩摩で西郷に会う。その帰りは宮崎周りで大分から下関へ。

ここでその帰り船には西郷も同船していて、このときの説得により西郷は薩長和解を決めたとされている。
帰りは牛深へ寄る機会はなさそう。


中岡2回めの薩摩藩入りは慶応3(1867)年2月30日。このときは詳しく書いてある。

中岡は太宰府から陸路をとり、肥後の松橋から乗船した。そして北薩の長島を通過する。「久呂の瀬戸激潮の難所あり」と、黒之瀬戸のことを記している。そして阿久根に着くと、商人の孫兵衛宅に宿泊し、「阿久根焼酎」を飲んでいる。

黒之瀬戸についてはこのブログで数回出てきているので省略。

このときは絶対牛深へ来ることは無理だなぁ。


今回の調べはここまで。可能性を残すとすれば一回目のときかな。
幕府の施設がある場所を避けたとするなら、なぜ他の倒幕論者は牛深に潜伏したりしたのかな?

密談や話し合いはいわゆる料亭で行われる。牛深はその条件も備わっている。
大久保利通のお妾さんがいたことは事実で牛深に来ていたのは確かなのに公式文書ではなぜ牛深に来たことを発見することができないのか?その他の牛深へ来ていたとされる志士についても同様。

ここが一つでも証明する材料があれば、芋づる式に歴史が塗り替わると思うんだけどなぁ。もちろんそんな簡単には行くわけないw
今回はここまで!幕末面白い!(あ、題名に10選と書きましたが冗談です)


【絵で見る江戸時代の牛深】
ご注文は → こちら ←

製本中でございますので只今のご注文で11月1日以降の発送になります。  


Posted by hirok○ at 04:38Comments(0)御番所第二章

2015年10月15日

結局最後は増刷決定に行き着いた



こういう日本の歴史に名を残している人たちが幕末のまさにそのとき、牛深にいた。

薩長同盟は京都で締結されたとされているが、文書によって明確に結ばれたにも関わらず原本はいまだ見つかっていない。

牛深にいたとされる木戸孝允が締結後、記憶を頼りに会談の内容を6カ条にまとめ、内容の確認のため坂本龍馬に送付した書簡(慶応2年1月23日付)によりその内容は伝わっている。

牛深に残るこの時代の近世文書はほとんどのものが世に出ていない。したがって何が残っているのかも所持している方、または所持している方でもわからないということだ。

この中にその関係文書があったとしたらどうだろう。現時点では話を大きくしすぎなのはわかっている。あくまでも可能性がないわけではない。
今だけでも夢を見ていたいな。っていうことですW


*.♪★*・゜.♪★*・*♪*.♪★*・゜*.♪★*・゜・*♪*.♪★*.♪★*・゜*.♪★*・゜・*♪*.

こんにちは!
はじめましての人ははじめまして!

ということで、『絵で見る~』の本は完売している状態なのですが、少しづつご注文をいただくのが続き在庫がなくお断りをするケースが出てきてしまっていました。この本の予想を超える反響に大変嬉しく思っております。

増刷したくてもデータが一部壊れていまして簡単にはいかない状態でした。

そうしていたところさらにうれしいことに牛深某所より予想を超える大量注文を頂きまして、こうなったらデータの再作成をするしかないなと数日取り組みました。

100冊限定と言っていましたので、少なくともその約束を破ってしまいますので購入頂いた方にお詫びを言わないといけないなと思いまして…大変申し訳ございません。牛深の事に興味を持っていただくことは私もとても嬉しいことですのでこういう判断になりましたお許し下さい。

ということで、少し多めに100冊増刷は致しますがご予約分を渡した後、第2版は余裕が残り10冊程度ございます。

価格はまだすえおき3000円に下げました。この機会に気になってらっしゃる方はお早めにご注文ください。

ご注文は → こちら ←

製本中でございますので只今のご注文で11月1日以降の発送になります。
よろしくお願いいたします。
  


Posted by hirok○ at 05:51Comments(0)御番所第二章

2015年10月06日

牛深が大河ドラマに!?出版のその後・・・

購入して読んで頂いた方には未公開部分や文章自体もこのブログとは随分変わっていることに気付かれたと思います。
だから実際本を手にとって頂きたかったのです。天草の図書館には全館配備されてますので興味が少しでもある方はそちらでも読むことができますよ。

出版のその後ということですが、本の最後の考察部分での幕末の事。大久保利通のお妾さんが牛深にいた事を現在でも口伝にて残されていると書いておりましたが、その部分は最近新たに私が知ったことで嬉しい方に改変しないといけないようです。

牛深八景で現在軽巡長良のことを書いておりますが、そのときに読んだ島一春さんの本「天草灘にひびけ鎮魂の譜」に手がかりが書いてありました。

そのお妾さんはおつるおばさんの叔母にあたるという。

そして旧牛深市初代市長高橋重博氏が大正7年に書いた「我が町」にこう書いてあるとのこと。(全文は載せれないので抜粋、読みやすいようにカタカナ表記を現代仮名遣いに変更)

「徳川氏の天下滅亡に近づくや(中略)当時勤王の志士諸所に起りしも薩摩の志士、浪士はいずれも事の露顕せざらんことを希(ねが)い、此の地(牛深)に潜(ひそ)む者多し。その名ある者は木戸孝允、江口早之助、野村惣七、その他大久保利通は野田屋に、田中新兵衛、黒田清隆、五代才助等は矢田家に宿したり。是(これ)は此の地が薩州より長崎に向う要所なりしを以ってなり。」


はぁ!?まじっすか!!!驚きました!

木戸孝允!?・・・長州藩士じゃん!!薩摩藩士だけじゃなく長州からも来てる!?

大久保利通はわかりきってるので省略。

田中新兵衛!?・・・土佐藩士。幕末の四大人斬りの一人。いわゆる暗殺のプロ。あの「人斬り以蔵」と共に日本史の残る暗殺を行った人じゃん!!
ということは江口早之助というのは私は全く知りませんがもしかしてあの桂早之助の事なのか?(池田屋事件で坂本龍馬を討ったとされる人物の事。)

黒田清隆!?・・・薩摩で大久保利通の次の実質NO.2で後に総理にまでなる人じゃん!

五代才助!?・・・薩摩藩士。後に外交官の役職を歴任後、大阪府判事を務めてる人。幕末のこの時期長崎海軍伝習所に所属してるな。
実は絵で見る~の製作途中で勝海舟が牛深に来たのか?どうかを海軍伝習所の実習船の全航路を細かく調べていたのですがはっきり確定するまでにはいかなかったのでその部分の記事は本編でもボツになっていたのですが、勝海舟に近い人達が牛深へは確実に来ているな。
やはり牛深へ勝海舟や坂本龍馬が来てる可能性はまた一つ上がったと思った。

これはここを突破口にもっと詳しく調べる必要がありそうですね。

上記文章を書かれた初代市長さんなのですが私が牛深のことを調べる際に拝見していた古文書はお話によるとその方から譲り受けたものが数点ありました。もしかしたらその「我が町」自体もあるかも知れません。その初代市長さんの屋敷は幕末志士がよく来ていた屋敷で隠し部屋などの造りがあったお話も聞きました。

「事の露顕せざらんことを希(ねが)い」
バレたくない事とは倒幕もしくはもっと言うと薩長同盟の確認のことじゃないのか!?
薩長同盟から倒幕、そして明治維新は牛深で打合せされていた!?

機会があればそのことも私も「我が町」読んでみたいと思います。新しい発見があればまたここで公開していきますね。


日本の歴史の重要な部分が牛深で行われていたのかも知れない。しかも大人気幕末。多くの時代劇やドラマ映画になっている部分に牛深も関係していたという私の仮説に少しずつ近づいているように思います。

NHK大河ドラマにこの部分が将来なるかもしれない。夢話じゃないように思う。

これだけの史実があって大風呂敷広げ過ぎだと思われますか?みなさんはどう思われるでしょうか?



*.♪★*・゜.♪★*・*♪*.♪★*・゜*.♪★*・゜・*♪*.♪★*.♪★*・゜*.♪★*・゜・*♪*.


こんにちは!
はじめましての人ははじめまして!



前半書いたように牛深史天草史どころか日本の国の歴史に関係する史実を初めて公開された本なのです。ぜひ一読を希望。

気がついたら本日の発送分で私のところにある完成本は無くなってしまいました。^^;

おそらく牛深販売所にはまだあると思いますが確認はしておりません。完全に無くなってはいないと思いますが、これよりご注文いただいたら牛深より取り寄せて熊本から発送もしくはもう在庫切れということになりますので発送までに時間がかかったり、お渡しできない事もあると思いますので、その点をご了承ください。

いまのところ印刷データの関係でトラブルが起こっていますので未解決状態のママになっておりますので増刷は考えておりません。

日本全国に牛深出身者っていらっしゃるんですね、お申込みにご自身のことをご説明してくださる方がたくさんいらっしゃって読んでて嬉しく思いました。この度は誠にありがとうございました。みなさん牛深のこと離れていても好きなんだなぁと改めて感じました。
  


Posted by hirok○ at 03:49Comments(0)御番所第二章