2015年04月30日

唐船の長崎送り ㉓

『牛深御番所絵図 其の二十三』クリックにて拡大


 牛深御番所は、積載物資の有無に関わらず唐船を長崎へ長崎へと送っていた。

 長崎送りの唐船は大龍丸の付き添いにより、人質数人を確保し船の逃亡を防止し、長崎野母遠見番所へ椛島番所を経由し、その沖合いで受渡す仕組みになっていた。

 野母遠見番所は直ちに、長崎港のそれぞれの番所へ伝達し奉行所へ連携した。

 長崎送りの唐船は、報告のための査察調書が作られる。①来朝船か、長崎よりの帰還船かの別、②信牌(しんぱい(長崎奉行発行の通商照票))の所持、不所持、③長崎入津の目的、乗組員数、④唐船の要望、港内での監視番船、停泊中の唐船夜回り、などの委細についての事項を満たすものであった。

*.♪★*・゜.♪★*・*♪*.♪★*・゜*.♪★*・゜・*♪*.♪★*.♪★*・゜*.♪★*・゜・*♪*.

こんにちわ!
はじめましての人ははじめまして!
ここからhirok(^^♪です。

信牌についてもう少し記載。
海舶互市新例によって、唐船に持参が義務付けられた、長崎への入港許可証。
wikiより転載
新井白石は、1715年2月14日(正徳5年1月11日)、国際貿易額を制限するために海舶互市新例を制定した。この中で、中国船の長崎来航数を年間30隻と定め(かつ出港地別にも隻数が定められた)、また来航した中国船のうち、新令に違反しないことを誓約した者だけに信牌を発行し、以降は信牌を持った者に限り貿易を認めることとした。中国船の所持する信牌は、奉行所が持つ「割符留帳(わっぷとめちょう)」と照合された。

この信牌は実質的には江戸幕府の管理下にあったが、形式的には唐通事が交付するものとした。これは清の反発を恐れたためである。中国では、伝統的に信牌とは朝貢国に対して与えるものであった。従って、幕府が中国船に信牌を交付すると、中国が日本に朝貢したかのように見えるため、摩擦の発生が予想された。実際に、信牌を得られなかった中国商人が、信牌を入手した中国商人を、清朝に対する反逆者であると訴える事件が起こっている。結果として、清朝政府は信牌を没収し、一時貿易が停滞した。白石はこれを予想しており、信牌は幕府が交付したものではないため、日本への服属を意味しないと抗議を行い、清も2年後の1717年(享保2年)にはこれを認めている。

-----------ここまで---------

面白いわ。中国はこの頃からというよりこれ以前よりももっと前の金印にしろ魏志倭人伝の頃から日本に対してこういう態度とってたんだな。これは今でも変わらずw


【ブログ内で公開している文章、その他イラスト、絵などについて郷土史家の方が何十年も掛けて研究した知的財産でございますので断りなく保存・転載することを一切お断りさせて頂いております】
  


Posted by hirok○ at 20:00Comments(0)御番所第二章

2015年04月29日

遠見番執務中 ㉒

『牛深御番所絵図 其の二十二』クリックにて拡大


 唐船が宮崎八幡宮の沖合に確保され、停船している状況を描いてみた。

 すでに牛深沖合いで査察を終えていたものであろう。御番所大龍丸が付き添っている。

 遠見番の一人は大龍丸に乗組み、もう一人は銀杏山(又は中番所)詰めの筈である。

 天神様頂上に現われた遠見番の手には遠眼鏡(とおめがね)を所持している。

 遠眼鏡は長崎立山奉行所から三丁が配備されていた。一丁は港の御番所、一丁は銀杏山遠見番所、残り一丁は大龍丸備えである。

 岸辺から宮崎防波堤をまわり込むように地元舸子船が唐船へ向かい、舸子船には郷の村役人が立会いのため乗組んでいる。

*.♪★*・゜.♪★*・*♪*.♪★*・゜*.♪★*・゜・*♪*.♪★*.♪★*・゜*.♪★*・゜・*♪*.

こんにちわ!
はじめましての人ははじめまして!
ここからhirok(^^♪です。

このようにして遠見番役人は仕事をしていたのですね。とてもおもしろい絵です。貴重な遠眼鏡が牛深には3丁もあったなんで凄いですね!



【ブログ内で公開している文章、その他イラスト、絵などについて郷土史家の方が何十年も掛けて研究した知的財産でございますので断りなく保存・転載することを一切お断りさせて頂いております】  


Posted by hirok○ at 20:00Comments(0)御番所第二章

2015年04月28日

須口 ㉑

『牛深御番所絵図 其の二十二』クリックにて拡大


 片島の東側は唐船の航路で、遠見番所から遠望するところである。

 天神様(山名)、宮崎郷、須口郷及び鶴崎方角を視界にするところである。

*.♪★*・゜.♪★*・*♪*.♪★*・゜*.♪★*・゜・*♪*.♪★*.♪★*・゜*.♪★*・゜・*♪*.

こんにちわ!
はじめましての人ははじめまして!
ここからhirok(^^♪です。



ここの辺りの絵でしょう。中央が宮崎八幡様ですね。
牛深中学校の場所はまだ埋め立てられていません。右下黒島、べざいてん様。




【ブログ内で公開している文章、その他イラスト、絵などについて郷土史家の方が何十年も掛けて研究した知的財産でございますので断りなく保存・転載することを一切お断りさせて頂いております】  


Posted by hirok○ at 20:00Comments(0)御番所第二章

2015年04月27日

下須島廻り ⑳

『牛深御番所絵図 其の二十』クリックにて拡大


 御番所の大型船大龍丸、小龍丸は遠沖見守りのため、天草灘から南へ薩州国方面へ遠出を行っている。この遠沖航路は唐船の漂着に出会う機会がたびたびみられ、長崎から薩州へ、薩州から長崎へ向かう船影がよく見られる灘である。

 下須島南東には薩州長島があり、この海域をさらに北東に向うと、下須島と戸島の間の狭ままる海域に到る。唐船が牛深港に入るには、この海域を通らねばならず、唐船の航路になっていた。

 一方、薩州長島八幡の瀬戸(黒の瀬戸)から阿久根、西方、京泊、羽島、市木から沿岸を辿ると甑海峡(こしきかいきょう)であり、唐船漂来の海域である。甑の平良港は薩庁が独自に造った密貿易港であり、沿岸には遠見番所、火立番所を連珠のように建設し、要津に津口番所を置いて唐船の漂着を城下に急報するしくみを構築していた。

 長崎野母半島から天草へ、さらに薩摩半島の東部沿岸には唐船の漂着がますます頻繁であった。

 鎖国政策は第一次から第五次まで貿易の制限が続く中で、年間を通し船数制限を受け、異国船はもとより唐船は物資を積込んだまま長崎貿易ができず、積戻船(つみもどしふね)が増大し、天草から薩摩沿岸へ漂着することとなり、これを目指し下る商人があとをたたず、鎖国下に半ば公然と藩庁采配の抜荷(密貿易)が行われていた。

*.♪★*・゜.♪★*・*♪*.♪★*・゜*.♪★*・゜・*♪*.♪★*.♪★*・゜*.♪★*・゜・*♪*.

こんにちわ!
はじめましての人ははじめまして!
ここからhirok(^^♪です。

現在の通天橋の下の瀬戸は浅い為大型の唐船は通ることができず、下須島を一周して牛深港に入ってきたということです。

ここに出てきている鹿児島の密貿易が牛深にとって大事な出来事になっているのは現在の牛深の歴史をみてみると深く関係していることがわかる。

鎖国政策時の貿易方法については第一章でまとめていましたのでそちらと共に読んでいただけたら深く理解出来ると思います。→こちら



【ブログ内で公開している文章、その他イラスト、絵などについて郷土史家の方が何十年も掛けて研究した知的財産でございますので断りなく保存・転載することを一切お断りさせて頂いております】

  


Posted by hirok○ at 20:00Comments(0)御番所第二章

2015年04月26日

瀬崎 ⑲

『牛深御番所絵図 其の十九』クリックにて拡大


 船津には御番所が見えて、瀬崎岸壁には確保された唐船が繋がれ、船津郷の伝馬船に急遽乗組みの普請役一人、遠見番触頭(ふれかしら)一人、御用船(早船)には船番触頭一人、船番一人。

 更に村役座の海岸から立合いの地元庄屋が乗船し駆けつけている。

 瀬崎岸壁には近在の村人たちが、珍しそうに見物している様子である。

 港は日暮れ時のことで、やや沈みつつある夕日に照り、港は赤く染まり、地元舸子連の船がこれを取り巻いている状況である。

*.♪★*・゜.♪★*・*♪*.♪★*・゜*.♪★*・゜・*♪*.♪★*.♪★*・゜*.♪★*・゜・*♪*.

こんにちわ!
はじめましての人ははじめまして!
ここからhirok(^^♪です。

こちらの絵は牛深八景の第七景のときに一度載せています。→こちら

やっと御番所編で登場ですね。奥側が船津で御番所の建物だったってことですね。第七景の答え合わせはここで出来ました。




【ブログ内で公開している文章、その他イラスト、絵などについて郷土史家の方が何十年も掛けて研究した知的財産でございますので断りなく保存・転載することを一切お断りさせて頂いており

ます】
  


Posted by hirok○ at 20:00Comments(0)御番所第二章

2015年04月25日

唐船掛り ⑱

『牛深御番所絵図 其の十八』クリックにて拡大


 岡郷の山の上から「唐船方御用」の状況を描いてみた。「唐船掛り」ともいう。
 
 唐船方御用は御番所の一日の仕事のことである。御番所の船番組と地元の村方舸子(かこ)が携わった。舸子船は船の持主とその雇人の二人が乗組むよう決められていた。

 さらに天草では、牛深の舸子は富岡代官所へ届け出て、廿ニ人から廿六人が定められていて毎年人数に多少の増減があった。牛深の舸子は郡内でどこの村よりも多く、それは村の人口が多いのと、船舶出入りの多い港であったためである。

 村内では郷規則を定めるところでは、唐船掛り心得など毎年定めていた。停舶中の唐船が「長崎送り」など港出入りの際は仕事に就いた。

*.♪★*・゜.♪★*・*♪*.♪★*・゜*.♪★*・゜・*♪*.♪★*.♪★*・゜*.♪★*・゜・*♪*.

こんにちわ!
はじめましての人ははじめまして!
ここからhirok(^^♪です。

 天草を治めていた富岡代官所は天草全島での漁業権利を持つ人数を299と定め、これを舸子と呼び、舸子の権利を持つ者の居る港を7つの定浦(じょううら)として漁業を許可した。

 許可された7つの定浦は「牛深、富岡、崎津、二江、御領、佐伊津、湯船原」で、七ケ浦と呼ばれた。この定浦を持たない村では海藻や貝拾い以外の漁業は一切出来ませんでした。


【ブログ内で公開している文章、その他イラスト、絵などについて郷土史家の方が何十年も掛けて研究した知的財産でございますので断りなく保存・転載することを一切お断りさせて頂いております】  


Posted by hirok○ at 20:00Comments(0)御番所第二章

2015年04月24日

船一覧 ⑰

『牛深御番所絵図 其の⑰』クリックにて拡大



 中央下部の唐船は長崎市建造の観光唐船で長崎旅行の際、港の方向へ出ようとすると、突然に埠頭に出たこの場所に遭遇し写真に収めたものである。

 観光船の他の八枚の写真は、長崎市博物館に展示されていた掛け軸式に描いた唐船などの絵図で綺麗だと思った。自然風景とは違って一艘ずつを丹念に描いたものを、軸に収めたもので壁一様の陳列は壮観であった。

 博物館の許可を得て写真を撮り、写真の活用についても許しをいただいた。

 写真をもとに、模写する方法で描いてみたが旨くできなかった。

 口船(くちぶね)は南京・蘇州・揚州(ようしゅう)・准安(じゅんあん)・鎮江(ちんこう)などの商船。中奥船(ちゅうおくせん)は広東(かんとん)方面の商船、奥船はシャム・インドシナ方面の商船、及びオランダ船。

*.♪★*・゜.♪★*・*♪*.♪★*・゜*.♪★*・゜・*♪*.♪★*.♪★*・゜*.♪★*・゜・*♪*.

こんにちわ!
はじめましての人ははじめまして!
ここからhirok(^^♪です。

一番右下のオランダ船はあの有名なあの船じゃないですかー

ふふふw

--------------------------------------------------------
こちらの部分
只今掲載見合わせ中・・・

--------------------------------------------------------




  


Posted by hirok○ at 20:00Comments(0)御番所第二章

2015年04月23日

唐船 ⑯

『牛深御番所絵図 其の十六』クリックにて拡大


 唐船の内「寧波船(ねいはせん)」は唐船の中で最も典型的な船の型である。鳥船とも言う。

*.♪★*・゜.♪★*・*♪*.♪★*・゜*.♪★*・゜・*♪*.♪★*.♪★*・゜*.♪★*・゜・*♪*.

こんにちわ!
はじめましての人ははじめまして!
ここからhirok(^^♪です。

牛深八景のブログで瀬崎を描いた時にちょうど熊日さんが中国で遣隋使の時の船を再現したという記事を載せていて紹介しました。

もう一度その写真を載せます。


牛深にこんな船が来てたんですよね。

【ブログ内で公開している文章、その他イラスト、絵などについて郷土史家の方が何十年も掛けて研究した知的財産でございますので断りなく保存・転載することを一切お断りさせて頂いております】

  


Posted by hirok○ at 20:00Comments(0)御番所第二章

2015年04月22日

銀杏山頂上 ⑮

『牛深御番所絵図 其の十五』クリックにて拡大


 銀杏山遠見番所は当初から銀杏山とされているが、銀杏山の頂上は実際には、その背後から西方向に登りつめたところであって、その頂上は数個の大石が、その場を囲むように置かれている。

 西に向って茂串浦を眺望できる。遠見番は時折りこの場所を見廻っていたようで、また久玉浦へ緊急を要する場合は、この山頂から稜線を吉田道へ辿り久玉浦へ至る山道が開かれていた。

 さらに、この頂上からは魚貫崎遠見岳、大江崎崎、﨑津方面が眺望できる。

*.♪★*・゜.♪★*・*♪*.♪★*・゜*.♪★*・゜・*♪*.♪★*.♪★*・゜*.♪★*・゜・*♪*.

ここからhirok(^^♪です。

誤解が無いように重複します。今現在遠見山に登って鉄塔などがある場所が遠見番所があった場所ですが、そこが頂上ではなく、そこから西へ行った場所が頂上だそうで、今はもうその場所へいく道は無くなってしまっているそうだ。

魚貫崎の方はそこから監視していたんですね。


こんにちわ!
はじめましての人ははじめまして!

ハイヤ祭り満喫してきました。また連日更新御番所記事再開致します。
よろしくお願いいたします。



【ブログ内で公開している文章、その他イラスト、絵などについて郷土史家の方が何十年も掛けて研究した知的財産でございますので断りなく保存・転載することを一切お断りさせて頂いております】


  


Posted by hirok○ at 20:00Comments(0)御番所第二章

2015年04月09日

中番所(賄処) ⑭

『牛深御番所絵図 其の十四』クリックにて拡大


 中番所の西側の坂道は遠見道であり、新田の浦川(うらんごう)から登ってくるとこの道に至る。途中に水取場への入口を設けていた。水取場は前記の崖の登り口から遠見道を行くと、殆ど頂上の真下当りに石垣造りがわずかに残っていて現在も山水が流れ藪になっている。ここも水取場であったと思われる。

 中番所は増改築されているので、同じ建物を違った角度から描いてみることにした。

*.♪★*・゜.♪★*・*♪*.♪★*・゜*.♪★*・゜・*♪*.♪★*.♪★*・゜*.♪★*・゜・*♪*.

こんにちわ!
はじめましての人ははじめまして!
ここからhirok(^^♪です。

雰囲気がよく伝わる絵だと思います。賄処と呼ばれたということなので遠見番役人も遠見番所とここを行き来して休憩時ここで食事したり、寝泊まりしたりしたそうだ。

あぁ歴史ロマン溢れるわ(*´∀`*)

相印台が描いてありますね、外国船が来た等の合図を下の御番所に伝えるものです。


※お詫び※

ここまで連日強引に突っ走って更新を行って参りましたが、一旦ここで小休止させてください。

更新はできませんがまとめや確認などは最優先で連日行っております。少々お時間ください。毎日更新すると言っていた手前お許しを。

次回はハイヤ祭り明けになると思います。ハイヤには牛深帰る予定です。

【ブログ内で公開している文章、その他イラスト、絵などについて郷土史家の方が何十年も掛けて研究した知的財産でございますので断りなく保存・転載することを一切お断りさせて頂いております】


  


Posted by hirok○ at 20:00Comments(0)御番所第二章