2014年11月30日

現代遠見番所最前線その3

こんにちわ!
はじめましての人ははじめまして!

今回は遠見番所の3回めということで前々回からの続きです。
(誤解がないように書いておきます、今書いている記事は遠見番所の事で御番所についてではありません。遠見番所と御番所を混同されないようにお願い致します。)

*.♪★*・゜.♪★*・*♪*.♪★*・゜*.♪★*・゜・*♪*.♪★*.♪★*・゜*.♪★*・゜・*♪*.

江戸時代の長崎貿易方法を簡潔にまとめ記載します。
この長崎貿易方法が日本の貿易方法と思ってもらって構いません。

糸割符制度(1604年 - 1655年)
この時代の主な輸入品は生糸であった。日本はこの支払に多量の金や銀を使用していた。
この糸割符制度とは国内の金銀流出を縮小させる為の日本主導の貿易方法である。

1665年この不平等に中国商人側が反発。逆にこの制度を悪用され日本側が不利になるようになった為この制度は廃止され、いわゆる売手と買手が直接言い値を決める相対売買仕方(自由貿易)に代わる。

自由貿易により貿易量は増大したが、その支払にまた金銀の流出も増大。これを長崎奉行が抑制するために行ったのが貨物市法(1672年 - 1684年)である。

貨物市法とは目利き商人が鑑定を行い入札を行う制度で日本側が主導権を持つことが出来た。だが入札を行うということでいつの時代も同じく汚職と中国側の薄利多売で金銀流出抑制は思うようにいかずこの制度も廃止される。

定高貿易法(1685年 - 1714年)
ここからが天草にとってとても重要になります。

金・銀による貿易決済の年間取引額に一定の上限(「定高」)を設定した。
わかりやすく書くと、国や船につき取引の上限を定めた。わざわざ船で持ってきた積み荷だけどこれ以上は取引出来ませんので本国へ持って帰ってくださいってことです。

中国の時代背景は『現代遠見番所最前線その1』で書きました清(中国)の遷界令(海禁)が前年1684年に解除され清国船(唐船と呼ばれるもの)の国内出入りが急増していた。
確認しておきます。この時代はまだ日本国内は長崎でしか貿易は許されておりません。

持って帰れって言われてもなぁ・・・どうせだったら帰り道で投げ売りでも売りさばけと思うのが当たり前。
その帰り道が天草だった!

しかもその帆船が必ずといっていいほど通り立地上、シケ明けや風待ち、荷物の積み替えなどに最適だった場所。それが我らが牛深だったのです。

定高を超える積み荷に関しては銅や俵物などとの物々交換が徐々に行われるようになった。
この俵物についてはこれも重要大ですので後日に特筆致します。

続く









  
タグ :遠見番所


Posted by hirok○ at 04:47Comments(0)遠見番所

2014年11月25日

現代遠見番所最前線その2

こんにちわ!
はじめましての人ははじめまして!

はじめましての方は第一回から読んでいただけると伝わりやすいと思います。

NHK大河ドラマでは勘兵衛こと如水もいまだ衰えず策士ですな。

次回はいよいよ関ヶ原ですか。楽しみ楽しみ。

ということで牛深御番所第三回はじまりはじまり~

*.♪★*・゜.♪★*・*♪*.♪★*・゜*.♪★*・゜・*♪*.♪★*.♪★*・゜*.♪★*・゜・*♪*.

前回に引き続き遠見番所についての時代背景です。

1605年(徳川幕府)長崎は天領になり南蛮貿易が許された。
これは貿易での冨を幕府が独占的に得るためである。

そして海外貿易をするということは海外の宗教が入って来やすい。それを防ぐのがどうしても難しかった。
秀吉の時代からキリスト教禁教は続いてはいたが、徳川江戸幕府は1612年天領(直轄地)に対し慶長の禁教令を出す。

長崎でこの海外貿易が許されていたため、長崎への航路であった天草でキリスト教が広まっていた事もあり1637年のあの天草島原の乱が起こったことは言うまでもない。

1639年南蛮船入港禁止令。いわゆる鎖国時代に突入。

1641年ここで天草が天領になる。天草島原の乱で、原城攻撃に参加、一番乗りの武功を顕彰された鈴木重成が初代代官として任命された。

江戸幕府は外国船からのキリスト教布教を恐れ天草を直轄地にして管理しないといけなくなったのだ。

↑はいここ!

これが異国船監視の為の理由の一つ!
遠見番所の設置に繋がるのである!

1641年に富岡、大江崎、魚貫崎に遠見番所が設置された。(天草の他の遠見番所設置年代は第一回を御覧ください)


1600年台関ヶ原の戦いの余韻で混乱していた日本国内。その影響もありこの辺りの貿易方法は年代により移り変わりが激しいので記録のために次回纏めておきます。  
タグ :遠見番所


Posted by hirok○ at 05:26Comments(0)遠見番所

2014年11月15日

現代遠見番所最前線その1

こんにちわ!
はじめましての人ははじめまして!

第二回の今回は遠見番所設置に至るまでの背景を書いていきます。

前回は簡単に異国船対策のためと書きました。
そのもう少し詳しいお話でございます。


*.♪★*・゜.♪★*・*♪*.♪★*・゜*.♪★*・゜・*♪*.♪★*.♪★*・゜*.♪★*・゜・*♪*.

ちょうどNHKの黒田官兵衛では秀吉が亡くなり関ヶ原の戦いが起ころうとしていますね。
そして徳川家の時代が始まるわけですが、ここが牛深御番所に関わるところ、つまり江戸幕府のお話でございます。

わかりやすくその大河ドラマに関連させますと、そのお話でも出てきておりましたように、秀吉は2度にわたり朝鮮出兵を行いました。

朝鮮出兵と書きましたが戦った相手は李氏朝鮮(朝鮮半島は制圧)と主に明(中国)との戦争ですね。

結果から言いますとこの朝鮮出兵途中で日本で命令を出していた秀吉が亡くなってしまったため日本軍は撤退しました。敗戦ではありません。そして朝鮮半島を制圧したことを加藤清正がお祝いしたものが熊本市のお祭りである藤崎宮秋季例大祭いわゆる『ぼした祭り』です。

遠見番所が整備されるこの西暦1600年初めというのはお分かりのように中国(明)とは講和も結んでおりませんので国交がない。なので中国との貿易をする事は日本国内では犯罪であった。

その後中国(明)は1636年に滅ぼされ清朝となる。
個人的にはこの時期に秀吉全盛期だったら日本はどうなっていたのか想像してみると面白い。
脱線しそうなので戻しますw
この清朝が対立していた国内勢力が日本との密貿易で力をつけていた為、その内紛のごたごたにより1661年に清は遷界令(海禁)を行いました。

これで当時日本と中国両国間は表面上海外貿易は出来ないということになった。

そこでその違反船を見つけるものーーー
これが遠見番所である。

あー面白くなってきましたねー!これが遠見番所が設置された大きな理由の一つ。中国とか日本とかそんな大きな話に関係していてこれだけでも牛深が重要なの伝わってますでしょうか?まだまだ続き書きたいですけどまた次回に!

PR牛深新マスコットLINEスタンプ

購入URL↓
http://line.me/S/sticker/1042707

またはクリエイターズスタンプのとこで『牛深』でも『ハイヤコ』でも検索出来ます!

  


Posted by hirok○ at 02:35Comments(0)遠見番所